息子の引っ越し

息子が地方に引っ越しした。

3月末にワンルームの引き渡しで、
夫が家具の組み立てを一生懸命やってくれ、
まだしばらく寒さが続くであろうあちらでは必須アイテムの
こたつを中心としたかわいい部屋ができた。

一週間後に再訪したら、炊飯器のうえに
ごま塩の袋がのっかっていた。

家にいるときは、「飯ごうでならご飯炊けるけど
炊飯器では炊けない」
などとのたまっていたが、
いまでは残ったご飯をおにぎりにしているんだとか。



パンやさんでパンを選ぶとき、
自然とクリームパンを取りそうになって、
「あ、もうこれはいらないんだ」と手をとめる
自分にも苦笑してしまうこの頃。
[PR]
# by tonerico-elsur | 2012-04-15 00:51